日本を導く坂本龍馬のきせかえ配信!待受画面やメニュー画面などを一気に変更できるケータイアレンジや絵がきれいなイラスト待受画像もダウンロードできる!

刀や銃を持った
坂本龍馬
きせかえは…

【戦国×幕末恋絵巻】
で配信中
\o.     .o/
※このキャンペーンは
終了になりました

↓下のサイトでも
戦国きせかえ
の特集があります
\o.     .o/
特集ページに
戦国キセカエあり



↓珍しい
拳銃のきせかえ
があるのは
このサイト
\o.     .o/
サイトの下の方の
Gun'sのコーナーにあります




▼坂本龍馬の生涯

天保6年(1835年)11月15日、高知県高知市に生まれる
弘化3年(1846年)、母・幸が死去
12歳の時、小高坂の楠山塾で学ぶが退塾
14歳で高知城下の日根野弁治の道場へ入門
嘉永6年(1853年)、剣術修行のため江戸(東京都)に出て、桶町千葉道場(通称:小千葉道場)に入門
安政元年(1854年)に土佐に帰郷。画家の川田小龍から西洋事情を学ぶ
安政2年(1855年)、父・八平が死去
安政3年(1856年)、再び江戸・小千葉道場に遊学
安政4年(1857年)、盗みを働き切腹沙汰となった仲間の山本琢磨を逃がす
安政5年(1858年)、剣術修行を終えて帰国。北辰一刀流免許皆伝
文久元年(1861年)、勝海舟に面会して弟子となる
元治元年(1864年)、勝の紹介で西郷吉之助(西郷隆盛)に会う
慶応元年(1865年)亀山社中(のちに海援隊)を組織し、物産・武器の貿易を行う
慶応2年(1866年)、1月、坂本龍馬の斡旋により、京都で長州の桂小五郎(木戸孝允)と薩摩の西郷隆盛が会見し、薩長同盟(薩長盟約)が結ばれる
慶応3年(1867年)、大政奉還を実現
同年、12月、中岡慎太郎と共に何者かに暗殺される




▼坂本龍馬のデコメ絵文字も▼
幕末の英雄待受
幕末モバイルで配信


▲一番上に戻る▲


このページは
坂本龍馬のきせかえや
待受FLASHを

をダウンロードできる
モバイルサイトを
特集して
掲載しています

お問い合せ


Yahoo!検索Google検索



きせかえとは?
『きせかえツール(ケータイアレンジ)』とは、携帯のFLASH待受画面、メインメニュー画面、メール送受信画面、電話着信画面、電池・電波画像などを一気にひとつのテーマで変えることが出来るサービスです。

対応機種は、各サイトに掲載されていますので、ご確認の上、ご利用下さい。